×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

受講料・費用の比較:ペン習字通信講座

 ペン習字の詳細はこちら−−−>ペン習字通信講座比較

通信講座・通信学習は自宅で学習できるため、時間もお金も効率的に使えます。
通学するよりは断然お得になっています。
とはいえ、お金が必要なのは事実。
できるだけ安く済ませたいと誰もが考えるところです。

そんなに高額な通信講座はありません。
それは、気軽に学習を始められるように、という配慮からでしょう。
あまり高ければ敷居も高くなってしまいますからね。

ペン習字通信講座の受講料を比較してみました。
約11,000円〜44,000円あたりです。
標準学習期間が異なりますので一概に比較はできませんが。
添削回数も違いますし。
ひと月あたりにすると、およそ3,000円〜5,000円になります。
カルチャーセンターの月謝よりは安いのではないでしょうか。

○通信学習の教育方法
郵便を用いる一般的な講座の場合、主催者から受講者に最初にテキストなど教材と添削用の課題・問題と解答・レポート用紙などが送られてくる。期間や内容によっては複数回にわたる場合もある。

受講者は指定された期日までの自分で学習しその成果を解答、あるいはレポートにまとめて郵送する。主催者側では講師がそれを添削し受講者に返送する。

講座の内容によるが規定の評価・得点を得た場合、修了することができる。成績が悪かったり規定の期間内に課題提出がない場合も修了とならない。しかし講座によっては再提出や期間延長が可能な場合もある。また講座によっては途中で受講者が教室に出かけ講師から直接授業を受けるスクーリングと呼ばれる行事がもたれる場合もある。

日本では監督官庁の承認を受けた講座の場合、郵便料金は第四種郵便物の通信教育郵便物として扱われ100gまで15円の料金となる(2014年4月1日現在)。

情報通信を用いる場合、課題提出を郵便からメールやWeb上での解答に置き換えることで行われる。テキストも書籍からCD-ROMなどのメディアやWebに置き換える場合もある

以上、Wikipediaより引用

iPhoneアプリ